全国障がい者ゴルフ オープン長野大会

全国障がい者ゴルフ オープン長野大会

第12回大会 御礼とご報告

 拝啓 初夏の候、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。平素は「全国障がい者ゴルフオープン大会」開催に際し、格別のご理解・ご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。
 この度6月4日の「第12回全国障がい者ゴルフオープン大会 in 信州・軽井沢」は、みなさまのご後援・ご協力・ご厚志にすがり、無事開催することができましたことに心より御礼を申し上げ、ここにご報告をさせていただきます。誠にありがとうございました。
 大町昭義プロ、カーリングの山口剛史選手を主賓にお迎えし、18都道府県より126名、プロ4名、付添い2名の参加をいただき、晴天にも恵まれ、互いの健闘を讃えあい、またの再会を誓いあいながら、大盛況のうちに終了することができました。
 これは、ひとえにみなさまのお力添え、サポートの賜物と、心から感謝を申し上げます。
 来たる2019年6月3日(月)には、第13回大会の開催に向けて準備を進めて参りますので、今後もなお一層のご支援ご協力をお願い申し上げます。筆末ながら、みなさまの益々のご清栄をお祈り申し上げ、御礼とご報告とさせていただきます。ありがとうございました。  感謝

    平成30年6月吉日
      全国障がい者ゴルフオープン大会 
      大会会長 ノ澤勝衛

第13回大会、参加者募集について

2019年第13回大会も、「軽井沢72ゴルフ」南コースで開催します。
【日時】2019年6月3日(月) 6時30分受付開始、7時30分開会式、8時スタート。表彰式パーティ14時〜昼食。
【場所】軽井沢72ゴルフ・南コース
【申込しめきり】2019年4月25日(木)必着 ※募集定員144名(応募多数の場合は申込・会費納入順となります。)
【競技】障がい者・健常者の合同コンペとし、順位はWぺリアとします。障がい者は、部門別Wペリア上位3位まで表彰。
18ホール一斉ショットガンスタート、スループレー(昼食休憩なし・飲み物軽食付き) 晴天時は、カート乗入れできます。
【参加費】4,000円/1名(表彰式パーティ、昼食代含む)※競技参加しない同伴者の表彰式パーティ参加3,000円/1名
【プレー費】10,050円/1名※プレー当日各自がゴルフ場にお支払いください。障がい者は、障がい者手帳提示のこと。費用は税込です。
※大会参加ご希望の方は、下の大会案内をよくお読みいただき、大会参加申込書に必要事項をご記入の上、大会事務局にお申し込みください。詳細は、お問い合わせください。
>>>2019年・第13回大会案内
>>>2019年・第13回大会参加申込書

障がい者も健常者もいっしょにゴルフを楽しみ、理解と交流を深める大会です。

 障がい者ゴルフは、一般にあまり知られていませんが、およそ100年前の第一次世界大戦の終わったイギリスが発祥とされています。当初は、ゴルフは歩いて・・ということもあり、下肢障がい者には難しいところもありましたが、第二次世界大戦の後、アメリカで乗用カートを使うようになり、下肢障がい者もゴルフを楽しめるようになったそうです。日本では、ゴルフ自体が一般に普及し始めた20年ほどまえから障がい者ゴルフの大会も行われるまでになってきたようです。
 「全国障がい者ゴルフオープン長野大会」では、平成19年6月11日に第1回大会を小諸高原ゴルフコースで開催したのが始まりです。一般の健常者のみなさんにも「障がい者ゴルフ」を知ってもらおうと、第1回大会から健常者も参加できるオープン大会としています。