全国障がい者ゴルフ オープン長野大会

全国障がい者ゴルフ オープン長野大会

第10回大会は、軽井沢72ゴルフ・南コースで開催されました。

写真は、平成27年6月8日第9回大会。曇り空の下、少し肌寒い気候でしたが、みなさん元気にプレーを楽しむことができました。ありがとうございました。

障がい者も健常者もいっしょにゴルフを楽しみ、理解と交流を深める大会です。

 障がい者ゴルフは、一般にあまり知られていませんが、およそ100年前の第一次世界大戦の終わったイギリスが発祥とされています。当初は、ゴルフは歩いて・・ということもあり、下肢障がい者には難しいところもありましたが、第二次世界大戦の後、アメリカで乗用カートを使うようになり、下肢障がい者もゴルフを楽しめるようになったそうです。日本では、ゴルフ自体が一般に普及し始めた20年ほどまえから障がい者ゴルフの大会も行われるまでになってきたようです。
 「全国障がい者ゴルフオープン長野大会」では、平成19年6月11日に第1回大会を小諸高原ゴルフコースで開催したのが始まりです。一般の健常者のみなさんにも「障がい者ゴルフ」を知ってもらおうと、第1回大会から健常者も参加できるオープン大会としています。

▲top